生食を超えた、有機農法冷凍食品のプロフェッショナルカンパニー 株式会社ニッコー
ご購入はこちらから
社会見学コーナー
お客様へのメッセージ
会社概要
スタッフ募集
プレスリリース
プライバシーポリシー
通信販売法に基づく表記
サイトマップ

ニッコーの仕入先の選び方

ニッコーの仕入先は、もともと生活協同組合(生協)からスタートしています。
消費者団体(生協)というのは自分たちの産地を持っていらっしゃいます。
農家とか養豚業とか養鶏とか・・・全国にあるわけです。
その原料を使わせていただくというのが
良質の原材料を仕入れるのにはとても良いのです。
全ての生協とは言えませんが、こだわりを持った生協では、
生産方法のチェックなどを細かくしています。
そういった、品質がしっかりした、限られた生協とお付き合いしています。
こだわっている所からしか仕入れをしませんから、その他に
直接取引をしている農家の方々も、非常にこだわりがある人たちばかりです!!
最近は『こだわりの〇〇』なんていうのも増えてきましたが、
昔から続けている人はごくわずかです・・・。
ですから、仕入先の生産者の方も年季が違いますね・・・。

仕入れの原点というのはハッキリしている物を使うということ。
作っている人の顔もハッキリしているし、
作り方もハッキリしている、こだわりもハッキリしている。
栽培履歴をもらっていますので、
何と何をどういう風に使ったかまで、解るようになっています。
根っこは誠実ですから、私達もこれがないと安全・安心な商品は作れません。
これは今後も社長が繰り返し、社員に言っていかなければいけないことですし、
それを崩すようでは企業としての存在価値がないと思います。

生産者との絆

原材料は作っている人が大切です。
作っている人の顔が見えて、どう栽培しているかも書類で確認しますし、生産者の人達との交流もします。
交流をしなければ駄目だと思います。
フェイス・トゥー・フェイス。 これをやることが重要。
交流をするから、生産者の方が本当にこだわっているのか、見せ掛けなのかも伝わってきます。
そして、本物の生産者の方との関係が出来てくると思っています。
例えば、抗生物質を使わないとか、農薬も使わないとか、使ったとしても少量に抑えているとか、全部履歴が分かっていると、自然の状態にできるだけ近いものを使います。

生産者 槍木さんを直撃取材!

場  所 千葉県山武郡山武町
栽培品目 にんじん,ゴボウ,キャベツ,さつまいも,大和芋 など
山崎,下山さん,槍木さん,石川さん
左から
山崎(弊社 代表取締役)

下山さん
( 全国産直産地リーダー協議会
事務局長)


槍木さん(生産者)

石川さん((株)べにふじ 代表取締役)

秋晴れの中、有機栽培野菜の
生産現場で打合せ。

今後の栽培品目やスケジュールに関して綿密な打合せをする 3人。

自然相手の仕事なので、

細心の注意を払っています。

槍木さん,下山さん,山崎
にんじん畑 近影 見渡す限りの、にんじん畑。

有機栽培は、雑草と虫との戦いです・・・!!

常に気を使っていないと、雑草だらけ&虫に食われてしまいます。

こちらは、ゴボウ畑です。

この大きな葉っぱが、栄養たっぷりのゴボウを育てるんです。

ゴボウ畑 近影

生産者 大沼さんを直撃取材!

場  所 神奈川県大和市
栽培品目 ネギ,ナス,トマト,モロヘイヤ など
ネギ畑の大沼さん 生産者の大沼さん

取材時は、ネギの収穫時期でした。

新たな作物の作付けの為に、

畑を耕す大沼さん。

お年は、何と70歳を越えています!

日々、自然と触れ合うのが若さの秘訣とか・・・

大沼さん
大きく実ったナス 大きく育ったナスも収穫時期を迎えていました。

このナスが、ニッコーのマーボ茄子などに調理されます。

大沼さんの作ったナスは、
いつも最高の美味しさです!

大和芋の畑です。

極太の茎と、大きな大きな葉っぱが甘味があり、粘りが強い大和芋を作ります。

大和芋

ニッコーの商品へのこだわり

私たちニッコーでは、基本的に商品の良し悪しは素材で90%ぐらい決まると考えております。
そういった考えを根底にやっています。
もちろん美味しいのもそうですし、健康に良いというのも大切です。
もとの所を正さないと良くならないですから、『素材を大切に』というのは弊社の原点です。

あとは、素材を作っていただく方は誰でもいいという風にはしていません。
〇〇さんが心を込めて作った作物をいただく、というのを基本にしています。
今現在は、98%くらいが国産原料を使用しています。
2%くらいは国内に無いものや、どうしても調達しづらいもの。
例えばエビ。
エビの加工品というと国内の原料ではとても無理なので、南方の小エビを使っています。
あとはキクラゲ。
そういうものは、どうしようもないので使っていますが、圧倒的に国産主義です。
日本産主義。
キャベツ、ニラから始まって色々とありますよね?
全部、国産の原料を使う。それが基本です!!
それと、できるだけ生産者の方と直接取引をして、お互い顔が見える関係を築くように心掛けています。
余計なものを使わないでほしいから、農薬も使ったとしても『必要最低限にしてね』と依頼しています。

そういった、余計なものを極力使わずに、自然の恵みで出来た食材を使っているのですから、補助剤などは使わない。
お母さんが家族に作って食べさせる時って余計なものを使いませんよね?
子どもさんとか旦那さんとか家族に、補助剤を使って料理なんてしないでしょう!
素直に考えればそれが当然なのですが、企業で大量生産をすると、補助剤を使って安定させるのが一般的です。
それをやらないでも済む方法は無いかと考えたわけです。
冷凍食品にしたというのはそういった理由もあります。
もともと冷凍食品にすると本来は殺菌料、保存料を使わなくていいわけです。
一定期間は保存が利きますし、冷凍技術もすごく良くなったから問題ないわけです。

ニッコーのこだわり 3点セット(原料・作り方・想い)

  1. 原料・素材にこだわる。
    農薬・抗生物質などを使わない。
    如何に自然に近い状態で生産された物を使うか!
  2. 作り方にこだわる。
    保存料など、会社の都合で余計なものを使わない!
  3. お母さんが自分の子どもや家族に作る時をイメージして作っています。
    「元気になってね」という想いです。
    そういうことが原点にあるから食品を扱えると思っています。
‖フリーダイヤル:0120-255-125│TEL:046-269-0217│FAX:046-269-0284‖
Copyright (C) 2000 - 2005 Nikko Corporation All Rights Reserved.
HOME